deux
島田陽建築設計事務所
メールマガジン
亀井純子文化基金展覧会スケジュール作家紹介ギャラリーの歴史リンクAll about Gallery-Shimadaギャラリーについてギャラリーへのアクセスマップトップページへリンク蝙蝠日記アートサポートセンター神戸
Isao Nishimura Exhibition

ブックレビュー

一人でも多くの人に読んでもらいたい


ギャラリー島田で発表する画家、福島清の自伝的大河浪漫小説です。ともかく面白のです。それは氏の絵画「日本人への旅」で獲得した「視覚の肉体」と通底しているのです。主題や色彩や構成が喚起する視覚から触発される快感。聴覚、味覚、暗い情念へと導く加虐快感までを含めた総体を肉体化した芸術である。その独自性は無数の書籍を渉猟した博覧強記だけではなく漆黒の闇の中、意識下の情念との交信することで獲得したものです。

美を極め尽くそうという地獄のような道行き。すべての審美の道を歩む一人でも多くの方に読んでいただきたい。かけがえのない一度限りの人生を歩み、心中に「私達は何処から来たりて何処へ行くべき何者なのか」という永遠の問いを抱く同行者として。

島田 誠(ギャラリー島田)

「男達の神話」福島清


津高和一「僕の呪文と抽象絵画」

ブラジルから30年ぶりに故郷へ戻ってくきた津高先生の作品展をギャラリー島田で開かせていただき、大作6点を公立美術館へ寄贈し、収益の一部を刊行のために役立ててもらいました。
内容は自叙伝を中心としたもので、是非お読み頂きたいと思います。
我が心の自叙伝はこう締め括られています。
損得なしの日々が、目下の僕の起爆作用であり、制作も、生活も、ともにこの素朴な原動力で回転していた。
もう空で言えるくらいに焼きついた言葉です。皆さんもギャラリー島田でお求め下さい。
出版記念「津高和一追悼展」は例年通り1月15日~26日に開催いたします。
注:架空通信忌運営委員会・編 神戸新聞総合出版センター刊 \1,500+税

「僕の呪文と抽象絵画」津高和一


「神戸 震災をこえてきた街ガイド」 (岩波書店)
島田 誠・森栗茂一 著

大震災から10年、モダニズムの街はいま、どうなっているのだろうか。繁栄のはじまりの地兵庫、文明開化の窓口三宮、変貌した下町商店街長田.はなやかな歴史と痛切な記憶がただよう神戸を歩き、学ぶためのガイドブック。    
 横文字文化に代表される神戸開港以来の西洋文明を受け入れてきた歴史や、この街の美しさだけではなく、港を中心として1000年前から続けられた開発の努力や、水害や空襲そして震災という災厄を乗り越えてきた都市の姿を見て下さい。 ガイド役を務めますのは、神戸の文化をこよなく愛する一市民、島田 誠と都市民俗学者の森栗茂一です。各章によって文体やニュアンスが異なるのはそのためですが、都市を見る視点は同じで、ダブルスのテニスプレイヤーように、息のあったところをお見せいたします。   
 土地に地層があるように、街にも歴史の積み重なった文化層があります。「今」を歩きながら、それを読み取っていただくのに、この本がお役にたてば、こんなにうれしいことはありません。  
 カラー版で写真も豊富です。新しい神戸の発見、都市の見方をジュニアもシニアも楽しんで下さい。 神戸ではベストセラーのようです。是非!


菅原洸人自伝「四角い太陽」
ギャラリー島田刊行


放浪の画家82年の生涯 東山の山村に生まれ、北海道での大工の見習いをふり出しに、自転車屋の丁稚、船員などの職を転々ととした菅原少年は、やがて画家を志す。目に見えない大きな存在に導かれ、東京から福岡へ、そして紀州から神戸へ、神戸からヨーロッパへ……。
画家 菅原洸人 自伝。


「アート・サポート・センター神戸(ASK)サロンの記録」

ASKの5年間(2000年10月〜2005年9月)の活動記録をまとめたブックレットを発行しました。 ギャラリーを訪れてくれた方に無料で配布しておりますので、是非お立ち寄り下さい。 ※ 数に限りがございますので先着30名様とさせて頂きます。



「アート・サポートセンター神戸の刊行物」

■「アート・プロデュースの現状と課題」
2002年8月から2003年1月にかけてアート・サポートセンター神戸による 6回の連続講座「アート・プロデュースの現状と課題」
の締めくくりに行われたシンポジウム 「神戸のアート・プロデューサー大集合」の記録と、講師へのアンケートをブックレットとして刊行いたしました。実践現場のプロデューサーの率直な発言の記録です
■「神戸に豊かな文化を〜そのための課題と提案〜」
わくわく神戸市民公開講座 ブックレットNo3 2001年2月3日こうべまちづくり会館での島田の講演記録です。

「アート・プロデュースの現状と課題」


ギャラリー島田&アートサポートセンター神戸メールマガジン
サービス開始!!

くギャラリー島田とアートサポートセンターのホットな情報をいち早く皆様にお伝えするために「ギャラリー島田&アートサポートセンター神戸メールマガジン」を創刊いたしました。
登録・解除画面、バックナンバー閲覧はこちら

ギャラリーの全景を360度見渡してみましょう。
くわしくはこちら

『亀井純子文化基金』のページに基金の助成実績発表
アートサポートセンター神戸のコーナーにある『亀井純子文化基金』のページに基金の助成実績一覧を追加しました。
亀井純子文化基金からご覧ください

島田誠の執筆記録



黄金期の西村功
−1950〜60年代を中心にー


2002.9月14日(土)〜9月26日(木)

夏今、西村先生は病床にある。私達は2001年2月に「オマージュ・イサオ・ニシムラ」の展覧会を開催して、先生を励まし、その展覧会を準備する間に発見した先生の初期デッサンを画集として刊行、その展覧会を2001年9月に開催した。 先生の病状を心配される声が後を絶たない。東京でもしかりだと聞く。来年には久方ぶりの東京展も計画される。先生にはご覧いただくことは出来そうもないが、先生の黄金期の作品をご覧いただくことによって、皆さんの先生の敬愛とお見舞いの気持ちをお伝えしたいと準備してきました。 西村先生は1923年大阪生まれ。3歳の時に聴覚を失いながら大阪府立聾口話学校在学中に絵の天分を見いだされ、帝国美術学校の入学。その後、田村孝之介に師事。最初は暗い絵を描いていたが佐伯祐三の「郵便配達夫」の鋭い線と厳しい画風に打たれて、「赤帽を被った自画像」(1952)を描き、ここから「赤帽」「駅」「メトロ」へと主題が展開してきた。暗い色調の時代から、画面を引っ掻いて格闘した時代、キュビズムの影響を感じさせる構成の時代。「ベンチの人々」(1966)で第9回安井賞を受賞。人々が行き交う駅、出会いも、別れも、ワクワクする旅への喜びも一杯詰まった駅に自分の人生を重ねた西村先生は一抹の哀愁を漂わせながら、持ち前の洒脱で暖かいお人柄そのままに一瞬の風景を描破します。 1950年代から1970年までの20年間は先生の黄金期といっても過言ではないほど代表作が集中しています。もちろん、これに続くメトロシリーズやパリの街並みシリーズも、独特の洒落た色彩感覚とエスプリにお溢れた、描く喜びの横溢した素晴らしい作品群ですが、探求の厳しさおいてこの時代の作品が私は大好きなのです。 今回の展覧会に向けて蒐集した黄金期の大作や、大変珍しい挿し絵などもご覧いただきます。 「妻と私とモンマルトン」
「妻と私とモンマルトン」
兵庫県立美術館蔵
(1990)200号

「指指確認」
「指指確認」(1966)80号

「駅前の人々」「駅前の人々」(1960)60号

「パンテオンの見えるリュクサンブール公園」
「パンテオンの見える
リュクサンブール公園」
(1993)水彩

「マーグ財団美術館の庭」
「マーグ財団美術館の庭」
(1992)水彩




ギャラリーについて | アートサポートセンター神戸 | 蝙蝠日記
作家紹介 | 展覧会スケジュール | ギャラリーの歴史 | e-mail



展覧会スケジュールページに戻る